カテゴリー : プロフィール

関口創也

souya0811.jpg
photograph by yuji suzuki
関口創也
SOUYA SEKIGUCHI
Vocal & Piano 
多摩美術大学内で結成したConglomerateでVo&Bassを担当。LEVEL42のMark kingのスタイルにあこがれて、自己流のスラップ弾き語りを得意とする。その間、テクノバンド「メテオール」でもベース担当:カンチャンとして参加。2007年にConglomerateの一時休止をきっかけに「一度はやってみたかった」という理由でピアノに転向。我流で作詞作曲をし、CANVAS OF MUSICを結成。
●使用してる機材:指&喉
●ルーツとなってるアーティスト:IVAN LINS、LEVEL42、矢野顕子、種ともこ、谷山浩子、川村結花、小谷美紗子
●座右の銘:苦あれば楽あり
●facebookやってますフレンドになりましょー
http://www.facebook.com/souya3

広告

佐藤直子

satonawo0811.jpg
photograph by yuji suzuki
佐藤直子
NAOKO SATO
Bass & Cho
ウーヤンズ、練馬アタッカーズ、健康ランドなどに参加。
交流のあったConglomerate関口に誘われ、CANVAS OF MUSIC結成メンバーとなる。やわらかくメロディアスなベースでバンドを支える。バンド内の紅一点でもあるが、普段は気取らないファッションでラフにもほどがあるため、ライブでは毎回様々に工夫を凝らした「女装」を期待されている。
●使用してる機材:Fender Telecaster Bass
●ルーツとなってるアーティスト:岡晴夫
●座右の銘:人には馬鹿にされていろ

上原健二朗

uetch0811.jpg
photograph by yuji suzuki
上原健二朗
KENJIROH UEHARA
Drums & Cho
2000年よりConglomerateにドラマーとして参加。
いぶし銀の寡黙なイメージがあるが、根はひょうきん。その上、カセットテープレコーダー収集というマニアックな面ももつ。Conglomerateでのタイトなファンクリズムに加え、CANVASではさらに様々なリズムに挑戦している探求者。
●使用してる機材:Slingerland Radio King(14"×6.5")
●ルーツとなってるアーティスト:Jeff Porcaro(TOTO)、Bernard Purdie、高橋幸宏(YMO)
●座右の銘:破壊は創造ナリ。

tam

tam2.jpg
photograph by yuji suzuki
tam
Acoustic Guitar & Chorus
2005年に、沖縄の歌うたい「琉-RYU-」のレコーディングで創也と出会い、それからなんのかんのでお世話になってるタムさんです。CANVASのアコースティック版「タムヤチソー」のメンバー。2012年2月ライブよりサブメンバーとして加入してもらいました。THE ALFEEのカヴァーバンド「THE TAMFEE」でもご一緒させてもらってます。

ねじ式近野

neji.jpg
photograph by yuji suzuki
ねじ式近野
Drums
2012/2/26の錦糸町ライブに、ドラム上原が出演できなくなってしまったので、急遽お願いして叩いてもらいました。実はベースさとなをのご主人様。彼らのホームバンドである「健康ランド」のドラマーでもあります。おだやかな笑みをたたえて叩くドラムは、上原とはまた違ったキャラクターでCANVASの新しい一面を産みだしてくれました。

yachi

yachi.jpg
photograph by yuji suzuki
yachi
Percussion & Chorus
秋葉原PAGODAで創也と出会い、実はtamさんともつながりがあった不思議なご縁。元SPEEDERのドラマーでもあり、基本的にはドラマーで様々なバンドで叩いてますが、CANVASではパーカッションとコーラスで曲に厚みを付けてくれてます。アイディアマンで曲のアレンジも手がけてくれてます。楽器材マニア。