カテゴリー : カンバスの日々

行きずりのお花見〜中目黒編〜

創也どす。
すっかり春ですね。ちょうどこのころに生誕したので
春はなんだか親近感があるというか、何も無いのに胸がザワザワしたりします。
色々なものが芽吹くパワーが、空気中にも満ち溢れている感じで
この時期は、いろんなものを吸収したくなる時期でもあります。
んで、役者友達に誘われて、こんな芝居を観てきました。
fly-print-8CA9967B_03.jpg
CoventGardemnCLUB東京公演
「君と旅した」
http://coventgardenclub.jp/kimitabi.html
ここのお芝居は、普通の客席と舞台が別れた芝居小屋ではなく、
普通のカフェなどで、客席をつかって行われる不思議なスタイル。
だから、隣のテーブルに座ってた女の子が、
いきなりしゃべりだしたりするのです。
最初はビビるけど、だんだん慣れてきて
すっかり自分もセットの一部のようになってしまうのです
今回の場所は、中目黒の目黒川沿いにある、小洒落たスペース。
そこを喫茶店のようにしあげてます。
そんなスタイルだから、お客さんもほぼ完全予約制、少人数です。
花見のお客さんが、不思議そうに覗き込むのも、芝居の背景になって
なんだか妙な感じになってきます。
写真 12-04-09 11 49 34.jpg
折しも、昨日は満開の桜、ロケーションとしてはもうこの上ない感じ。
人生の悲哀をおりまぜたストーリーに、春のちょっと不安定な空気がマッチしてた。
写真 12-04-09 11 49 57.jpg
池尻大橋に10年住んでいたので、目黒川の桜は久しぶりだった。
お芝居の余韻を楽しみつつ、ちょっと夜桜見物できました。
色々な思い出がフラッシュバックしたりしつつ…
写真 12-04-09 11 54 54.jpg
芝居に限らず、音楽でも絵画でもなんでも、
いろんなものを、できるだけ多く触れたいですねぇ。
こういう何気ない出来事が、自分の人生を「エエ感じ」にしてくれると思うのです。
みなさんも、出かけましょう。春なんだしね!

広告

メランコリアを観てきました。

Melancholia_409_photo_by_Christian_Geisnaes_large.jpg
創也どすえ。
ダンサー・イン・ザ・ダークのトリアー監督が手がけた新作「メランコリア」を観てきました。実はもう2回観てます。最終日3/23までにさらにもう1回良く予定。
最近の映画の中では、ものすごく衝撃的な映画でした。
作品は2部構成になってます。
あらすじ

<第1部 ジャスティン>
新婦ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は、新郎マイケル(アレクサンダー・スカースガード)とともに結婚パーティーの行われる姉夫婦の家に向かっていた。ところが、2人の乗るリムジンが立ち往生し、大遅刻。姉のクレア(シャルロット・ゲンズブール)とその夫ジョン(キーファー・サザーランド)が出迎えて、ようやくパーティーが開始される。義兄のジョンが私財を投じて開いてくれた盛大なパーティーだったが、母ギャビー(シャーロット・ランプリング)の悪意に満ちたスピーチなどを目にして、ジャスティンは次第に虚しさを覚えてゆく。“バカなマネはしないように”とクレアから釘を刺されたものの、会場を離れて情緒不安定な行動を繰り返した後、霧が立ち込める早朝の道を愛馬で駆ける。橋のたもとで空を見上げたジャスティンは、そこにさそり座の赤い星アンタレスが存在しないことに気付く。
<第2部 クレア>
7週間後。別荘の窓から木々のざわめきを眺めていたクレアは、アンタレスを遮って地球に異常接近する惑星メランコリアが気になっていた。ジョンは、“惑星は5日後に通過するので、地球に衝突することはない”と妻をなだめる一方で、非常時の用意も整えていた。そんな中、憔悴しきったジャスティンがやって来る。支えられなければ歩くこともできないジャスティンだったが、夜には外出し、小川の辺で月よりも大きくなった惑星にうっとりと微笑みかける。後を追い、その姿を目撃するクレア。惑星の接近を心待ちにする息子レオ(キャメロン・シュプール)とは反対に、ネットで地球と惑星の軌道が交わる画像を発見してぼう然とするクレア。“地球は邪悪よ。消えても嘆く必要はないわ”とクレアに淡々と語るジャスティンは、惑星の接近につれて心が軽くなってゆく。いよいよ惑星が通過する夜、ジャスティン、クレア、ジョン、レオの4人はその瞬間をテラスで待ち構える……。


現代社会の象徴として描かれる常識人、姉のクレアと、鬱病で世界から取り残されている妹ジャスティンを前半、後半で象徴的に描いてる。最初は僕も姉の視点でドラマを追いかけていく。妹の奇行にまゆをひそめたりしているんだが、後半徐々に、恒常的な世界のほころびが見え始めてくると、視点は一転してしまう。破滅を静かに待ちわびるジャスティンの目のまっすぐさに強く惹かれて、気持ちはジャスティンの視線になり、そのまま終焉のその時を迎える。エンドロールのあの漆黒の時間は、恐ろしくも甘美なきもちでいっぱいになった。破滅してるのに、すごく優しく、慰められている感覚。
映画は突然始まる冒頭の8分間イメージに、すべてが詰まっている。ある意味ジャスティンの見ている風景そのものなのかもしれない。それがまた美しいんだ…美しいのに、どこか閉塞的で息が詰まりそうで、むかーし社会人なりたての頃に、一瞬だけ軽い欝状態になったときの、あの世の中を厚いガラス瓶の中から見てるような、どうにもならない疎外感を思い出した。
またこの作品を、今のこの日本で観れるタイミングも、偶然だろうけどすごいことだ。それまでごく当たり前に過ごしてきた日常が、どんどんほころんで不安定になっている。僕自身、なんとか平穏に明るくふるまっているけど、その薄っぺらい楽観視にしがみついている感じは、作中の姉クレアの旦那とどこか被ってしまい、恥ずかしくも思った。
誰にでも両手放しで「おもしろいよ!」と勧められない作品だけど、ぜひチャレンジして観てもらいたい作品です。東京でももう上映してる映画館が減ってきてるようで、新宿の武蔵野館は3/23まで。
美しい音楽と、たゆたう甘美の8分間。あるはずのない19番ホール。
Lars Von Trier´s Melancholia – Opening Sequence HD 1080p
これみて「はっ!」と思ったら今すぐ新宿武蔵野館にダッシュしましょう。
ラストシーンは、大音量で感じてほしい…
最後に、トリアー監督の指が素敵なことに(・Д・;)
Lars_von_Trier_3_photo_by_Christian_Geisnaes_large.jpg
特に美しかったシーン。
月=クレア、メランコリア=ジャスティン、その間に不安定に立つ半月=息子
3つの光が、木々に3本の影を落とす。これぞこの映画の醍醐味。
comp12-03.jpg

レッスン初日

IMG_3896.jpg
ドラム上原です。
今日から、ドラムのレッスン開始。場所は、近所のスタヂオ。
まずは、先生と向かい合わせで、2台のドラムセットでもってウォーミングアップ。4分音符でバスドラ、8分音符のウラでハットを踏み、16分音符でスネアを叩く。単純なんだけど、2台のドラムで一緒にずーっとやっていると気持ちよくなってくる。
そして本日のレッスンのメインは、8分音符を使ったパターンの練習。譜面に慣れていないので、読むのが大変(笑)。でも、やっていると音で覚えてくる。且つ、フレーズを口でウタいながらやるとやりやすい。そして早くも、欠点を指摘された。
左右のスティックのストロークの高さがバラバラなんで、音がバラバラになっている。ストロークの幅を右手と左手とで統一しないといけないという課題が、今日は課された。
単調なパターンの繰り返しなんで、最初は「つまんないかも」なんて思っていたんだけど、メトロノームに合わせて繰り返し練習していると、だんだん集中してくる。且つ、楽しくなってくる。そして、「もっとイイ音を出してやろう」と、気持ちがノッてくる。
やっぱり、根本的にリズムを叩き出すのが好きなんだな
改めてそう思った。
今日の課題は、
・左右のストロークの幅を揃えること。
・スティックのバウンドを利用できるようになること。
・リラックスして叩くこと。
この3点。やっぱり基本的な練習は大事。さあ練習だ!!

冬は罹患の季節★

ベースのさとなをが初めて書き込んでくれた!
と、
思えば病気の話…(TДT)
しょうがないです、カンバスもみんなええ感じの年齢になっております。
こうなってくると、いかに健康で音楽を続けられるか、ってのが、どんなに良いギターやベースを買うよりも大事になってきます。特に音楽は、ちょっとでも体調芳しくないと全然のっていけないからね。
そんな僕も、負けじと不健康してました。
大流行中のインフルエンザA(エース)!
ひさしぶりに、体中の関節からギギギとヘンな音がしそうなくらいに辛かったです。
病院にいったら、吸引するタイプのこんな薬を処方してもらいました。
d0092901_2015245.jpg
イナビル!
粉状の薬剤が2回分入ってて、おもいっきり吸い込むんだけど
もちろんむせるんです。それをなんとか我慢するのが結構大変でした。
でも効き目は劇的…
翌日には熱も痛みも消えて、なんてことない感じに。
でもそこから48時間くらいしないと、体内に残ってる菌が死なないので
それまでは外出を控えるように、とのことでした。
しかしまあよかった、これで2/26はとりあえず安心して参加できそう。
なんたって、今回はカンバスは5人組です。
僕が1曲、ハンドマイクでも歌います。
今年からそーゆー路線にいってみるのか!?
2/26はぜひ錦糸町においでくださいまし。
トップバッターなので、たしか出演が16:30?とかめっちゃ早いです。
そしてみなさんもお身体には気をつけて。
創也

みみみみみ

ベースのサトウです。
いやはや参りました。
何やら耳がヘンなのです。
気づいたのは何気なく
ラジオをつけたときでした。
…時報の音が半音下がってる。
馴染みのラジオ番組のジングルも
会社の電話のベルも
iPodに入っているお気に入りの曲も
ぜーーーーんぶ半音下がり。
キモチワルイったらありゃしません。
原因を探ってみたところ
先日カゼ気味で医者にかかったときに処方された
『フラべリック』という薬が犯人のようです。
恐るべし思わぬ副作用…!
個人差があると思うので
全員に起きることではないかもしれませんが
飲まずに済むならそれに越したことはありません。
皆様どうぞ体にはお気をつけて。
ちなみに服用を止めたら
徐々に元の音程に戻ってきています。
早く完全に戻るといいなあ…

500円で買える微笑み 「女子高生ロボット戦争」&「サイボーグ・シティ」

ホームセンターケイヨーD2には何でも売ってる。
最近見つけた500円ALLのDVDシリーズコーナー。
パッと見、メジャーな映画が並んでいる(ように見える)
トランスフォーマー?アルマゲドン?
一昔前とはいえ、メジャーな作品が500円って…
と思い、手に取ると
51rN2-SxT3L.jpg
トランスモーファーw
くそっw くそっw
と、いうような楽しい500円コーナーですが、
思わず2本もジャケ買いしてしまいました。
まず最初に
女子高生ロボット戦争DVDジャケ_o_.jpg
女子高生ロボット戦争!
おおっとお
そして
616162.jpg
サイボーグ・シティ!
もう、ジャケ絵だけでお腹いっぱいです。
内容は…まあ500円にふさわしい、
さっくりした脚本、ぬるいCG、納得行かない展開なんだけど
むしろそれが嬉しいこのシリーズ。
むしろこういうものに、モノづくりのヒントを
求めてしまってはイケナイのだろうか!
否!いいはず。
今後もこのへん漁ってみよう。
ちなみに、女子高生ロボット戦争は、素晴らしいです。
特にロボットが出てくるところが…
思わず「ウェーイ!笑」と声を上げてしまいました。
500円で売ってるのを見つけたら、マストバイですよ。

2012年どどんとスタート

コピバン大会2011 - 025.jpg
本年もCANVAS OF MUSICをよろしくお願いします!
いきなり新春からおどろおどろしいですが、これは年末にやったコピバンイベントにちょこっと出演したときのショット。見て判る通り(?)「山崎ハコ」さんのカバーを歌わせてもらってきました。
アコギ買って、まずやってみたかったこと…「どフォーク!
心おきなく、フォークって参りました。
その時の模様がちょこっとYoutubeなんぞにアップされております。
ヨコハマ/山崎ハコ
サヨナラの鐘/山崎ハコ Cover
ま、そんなこんなで遊んでいたところ、新年に突入した瞬間に、一気に具合が悪くなりまして…三が日は見事に臥せっておりました…本厄、すげぇぜ…(^^;)
そんなCANVASですが、本年もどうぞよろしくお願いします。
お年賀替わりといってはアレですが、今年最初の新曲のデモが、ほんのついさっきできたので、公開しちゃいます。ほかほかです。湯気出てます。ここからバンドでどう変わっていくか、まだメンバーにも聴かせてないので楽しみでっす。
そうそうこの曲、ギターで作曲しました!人生で2曲目!なんかウキウキする!
ピアノで作曲するときとはやっぱり変わりますね、リズムの取り方がギターだと違うパターンになるようです。どちらも弾いた雰囲気でつないでいくので、コードとかはまだ不明なので、これからブレーンにお願いして解析してもらいます。
個人的な妄想としては、最後の「もっと!もっと!」のところで掛け合いができたら、さぞかし気持ちよいのだろうな…と勝手に盛り上がってます。ぜひ、その切はよろしくお願いします!
motto.jpg
2012年新曲「もっと遊ぼう」
もっと遊ぼう(デモ).mp3
※PCで見ると試聴&DLできます
[download] >>iPhone,iPadのかたはこちらからから試聴できます
もっと遊ぼう 20111228
目に見えないバスに轢かれそうになって
君の心はくじけている
まだドアも開けていないのに
靴も履いていないのに
薄紫の空をカーテンが
君の心ごと隠している
そこにゆくにはキップは要らないよ
少し窓を 開けてみてごらんよ
 もっと 遊ぼう もっと
 遠くまでゆける足を動かして
 もっと 走る もっともっと遠くまで
 隣の街の屋根まで
つぶやくのは 怖いことを言うひとたち
君の瞳を曇らせている
組み立てられないパズルさ
ちょっとゆっくり したいよね
ささやくのは 非道いことを言うひとたち
君の気持ちは乱れてゆく
少し顔を上げてごらんよ
せっかくの景色 今しか見れない
 もっと 遊ぼう もっと
 遠くまでゆける足を動かして
 もっと 走る もっともっと手をつないで
 隣の街の屋根まで
 もっと 遊ぼう もっと
 遠くまで 時の流れにまかせて
 もっと 歌う もっともっと
 夜が覚めて 朝が燃えてしまうまで
もっと 遊ぼう もっと
手をつなぎ 時速35km/hで
もっと 歌う もっともっと
夜が覚めて 朝が燃えてしまうまで
もっと 遊ぼう
もっと!