2012年 3月 の記事

ライブ告知●2012/4/22 POP SONGS JUKEBOX FINAL~Last Songをあなたに~

194786_270995522913482_5156524_o.jpg
今年もやってまいりました、春のPOPSイベントも、もう5年目ですねぇ。
そして…POP RADIOと共同で興したこのイベントも、今回でラストとなります。
毎回、いろんなPOPSをやってる人たちを呼んで、一緒にステージやらせてもらいました。
個性的で、かつ楽しくて、そしてなんといっても“POPS”で。
たくさんの人たちが出演してくれました。本当にありがとうございました。
何事にも終わりはつきものですが、そんな有終の美を飾ってくれるすごいバンドを今年もそろえましたよ!
【出演】
1.CANVAS OF MUSIC
http://canvasofmusic.com/
ま、ウチです。今回から正式に5人編成になりました。
ドラムのうえっちも戻ってくるので、正式メンバーでは初お披露目ですね。
2.もるつ
ウクレレ&パーカッション&鍵盤のおぢさん4人組。
僕は何回かご一緒させてもらってますが、とにかく個性的です。
一度観たら、聴いたら、びっくりすると思いますが…
5分後には耳から離れなくなってると思います。
今回、初参加!
3.Hechno
http://www.hechno.net/home.php
BELLMONDOのまこちゃん繋がりで、オープンマイクも企画してるノリくん率いる
ちょっとブリティッシュっぽいトリオバンド。
でも、ベースもドラムも個性的で、色々とツッコミどころが多いです(良い意味で)
今回、初参加!
4.矢野ナヲト
http://ameblo.jp/perspex-island/
PAGODA時代からご一緒してる、Ladybirdsのボーカル矢野くん。
今年もテルミンで参加してくれます!
生で観る、聴くテルミンは、なかなかにすごいですよ。
彼とはよく一緒にお寺行ったり仏像愛でたりしてますw

5.ハロー青空トレイン

http://hellotrain.ninja-web.net/
もうこのイベントではおなじみの、元気いっぱいのハロトレ!
今回も楽しいステージやってくれると思います。
6.POP RADIO
http://ameblo.jp/pop-radio/
そして首領(ドン)のPOPです。
パッと見、ふつうのお兄さん。でもカウントが流れた瞬間にアイドルになります。
その名のとおり、POPSを体現してる稀有なバンド、必見です。
☆4月22日(日)
錦糸町rebirth
http://www.will-company.jp/rebirth/top/
『POP SONGS JUKEBOX FINAL~Last Songをあなたに~』
OPEN 17:00 START 17:30
料金¥2,000+ドリンク代¥500
【出演順】
17:30-18:00 CANVAS OF MUSIC
18:10-18:40 もるつ
18:50-19:20 Hechno
19:30-19:45 矢野ナヲト
19:55-20:25 ハロー青空トレイン
20:35-21:05 POP RADIO
map1.jpg
これでこのイベントは終わっちゃいますが、
また違う形で集まったりできるといいなと思ってます。
ともあれ一区切り、楽しいステージになると思うので、ぜひ来て下さいましね(^^

広告

北海道ツアー:まりものおきて

札幌
3/10に札幌 Music Hall Cafeで開催されたこのイベントにソロで出演してきました。
永山フェスでもご一緒した、中年ウクレレユニット(乱暴な紹介w)「もるつ」さんと、これまた以前ご一緒した「とんちピクルス」さんを中心に、札幌のアーティストと一緒のイベントだったんだけど、そこにソロでお邪魔させてもらっちゃいました。
土曜のお昼からイベントのスタートだったので、前日から前乗りすることに。
ジンジャーエール
ゴキゲンに見えますが、呑んでるのはジンジャーエールです★
20時羽田発の飛行機で、一路札幌へ…
(上空飛行中)
小一時間で着いちゃって、外にでれば雪!雪!寒っ!そう、この時期札幌ではまだ雪まみれなんだよね…なんか全然そんな気がしていなかったので、ちょっとビビる。
市内に着いたのは、なんやかんやでもう23時。レストランも開いておらず、初札幌めしは、おなじみセヴンイレヴンwしかも肉うどんという、札幌感ゼロなチョイスをしてしまった。明日は絶対ラーメン食うぞ。でもポテトフライが食えたので、ちょっと満足。
写真 12-03-10 22 59 18.jpg
一夜明けて、札幌は快晴!
市電が走っていて、とても可愛い。雪のせいか道路は結構ワイルドな感じになっているけど、それを物ともせず市電がゴンゴン行き交います。
会場のすすきのへ向かうと…おや!?ここは…!
写真 12-03-10 10 46 19.jpg
み、南三条!うおおお!
中島みゆきファンなら、泣きながら走らないといけないですね、ここは(T∀T)
さて会場に着くと、暖かな雰囲気のカフェレストラン。
写真 12-03-10 23 18 13.jpg
出番まで、店前の階段で悪あがきのリハ。
創也
お昼になったので、ライブスタート!僕は2番目。
創也
創也
今回は4曲やらせてもらいました。一緒に上陸していたもるつのフジモンに手伝ってもらって、ピアノ、アコギ、カホンなどバリエーションでお聴かせできたかな。最後の「もっと遊ぼう」では手拍子もいただいて、暖かなお客さんと楽しい時間でした。
今年は東京以外で演奏できる機会が増えそう…非常にうれしい!
5月は大阪、7月には博多に出向けそうです。
どちらもアコースティックなイベントなので、バンドで行けないのが残念だが…
ドラム上原の故郷「徳島」にも行きたいなぁ。夢ひろがりんぐ!
<セットリスト>
1. 好きな人
2. 空想のもたらすもの
3. T.O.Y
4. もっと遊ぼう
このライブの後、翌日はオフにしたので、高速バスで登別温泉行ってきちゃった。
すんげーいいお湯旅行だった…また来ます札幌!
あ、あと教えてもらったすすきのにある「雪風」ってラーメン屋さんの濃厚みそが、超超超超美味かった!!!ここは絶対また食べに来たい。
すべての写真はこちら!
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.389949534351413.101357.100000091099929&type=1&l=692074271d

メランコリアを観てきました。

Melancholia_409_photo_by_Christian_Geisnaes_large.jpg
創也どすえ。
ダンサー・イン・ザ・ダークのトリアー監督が手がけた新作「メランコリア」を観てきました。実はもう2回観てます。最終日3/23までにさらにもう1回良く予定。
最近の映画の中では、ものすごく衝撃的な映画でした。
作品は2部構成になってます。
あらすじ

<第1部 ジャスティン>
新婦ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は、新郎マイケル(アレクサンダー・スカースガード)とともに結婚パーティーの行われる姉夫婦の家に向かっていた。ところが、2人の乗るリムジンが立ち往生し、大遅刻。姉のクレア(シャルロット・ゲンズブール)とその夫ジョン(キーファー・サザーランド)が出迎えて、ようやくパーティーが開始される。義兄のジョンが私財を投じて開いてくれた盛大なパーティーだったが、母ギャビー(シャーロット・ランプリング)の悪意に満ちたスピーチなどを目にして、ジャスティンは次第に虚しさを覚えてゆく。“バカなマネはしないように”とクレアから釘を刺されたものの、会場を離れて情緒不安定な行動を繰り返した後、霧が立ち込める早朝の道を愛馬で駆ける。橋のたもとで空を見上げたジャスティンは、そこにさそり座の赤い星アンタレスが存在しないことに気付く。
<第2部 クレア>
7週間後。別荘の窓から木々のざわめきを眺めていたクレアは、アンタレスを遮って地球に異常接近する惑星メランコリアが気になっていた。ジョンは、“惑星は5日後に通過するので、地球に衝突することはない”と妻をなだめる一方で、非常時の用意も整えていた。そんな中、憔悴しきったジャスティンがやって来る。支えられなければ歩くこともできないジャスティンだったが、夜には外出し、小川の辺で月よりも大きくなった惑星にうっとりと微笑みかける。後を追い、その姿を目撃するクレア。惑星の接近を心待ちにする息子レオ(キャメロン・シュプール)とは反対に、ネットで地球と惑星の軌道が交わる画像を発見してぼう然とするクレア。“地球は邪悪よ。消えても嘆く必要はないわ”とクレアに淡々と語るジャスティンは、惑星の接近につれて心が軽くなってゆく。いよいよ惑星が通過する夜、ジャスティン、クレア、ジョン、レオの4人はその瞬間をテラスで待ち構える……。


現代社会の象徴として描かれる常識人、姉のクレアと、鬱病で世界から取り残されている妹ジャスティンを前半、後半で象徴的に描いてる。最初は僕も姉の視点でドラマを追いかけていく。妹の奇行にまゆをひそめたりしているんだが、後半徐々に、恒常的な世界のほころびが見え始めてくると、視点は一転してしまう。破滅を静かに待ちわびるジャスティンの目のまっすぐさに強く惹かれて、気持ちはジャスティンの視線になり、そのまま終焉のその時を迎える。エンドロールのあの漆黒の時間は、恐ろしくも甘美なきもちでいっぱいになった。破滅してるのに、すごく優しく、慰められている感覚。
映画は突然始まる冒頭の8分間イメージに、すべてが詰まっている。ある意味ジャスティンの見ている風景そのものなのかもしれない。それがまた美しいんだ…美しいのに、どこか閉塞的で息が詰まりそうで、むかーし社会人なりたての頃に、一瞬だけ軽い欝状態になったときの、あの世の中を厚いガラス瓶の中から見てるような、どうにもならない疎外感を思い出した。
またこの作品を、今のこの日本で観れるタイミングも、偶然だろうけどすごいことだ。それまでごく当たり前に過ごしてきた日常が、どんどんほころんで不安定になっている。僕自身、なんとか平穏に明るくふるまっているけど、その薄っぺらい楽観視にしがみついている感じは、作中の姉クレアの旦那とどこか被ってしまい、恥ずかしくも思った。
誰にでも両手放しで「おもしろいよ!」と勧められない作品だけど、ぜひチャレンジして観てもらいたい作品です。東京でももう上映してる映画館が減ってきてるようで、新宿の武蔵野館は3/23まで。
美しい音楽と、たゆたう甘美の8分間。あるはずのない19番ホール。
Lars Von Trier´s Melancholia – Opening Sequence HD 1080p
これみて「はっ!」と思ったら今すぐ新宿武蔵野館にダッシュしましょう。
ラストシーンは、大音量で感じてほしい…
最後に、トリアー監督の指が素敵なことに(・Д・;)
Lars_von_Trier_3_photo_by_Christian_Geisnaes_large.jpg
特に美しかったシーン。
月=クレア、メランコリア=ジャスティン、その間に不安定に立つ半月=息子
3つの光が、木々に3本の影を落とす。これぞこの映画の醍醐味。
comp12-03.jpg

オープンマイク!春の溝の口

030801.jpg
ひさしぶりにオープンマイクに参加してきました。
Hechnoのノリくんが主催する、すごくフレンドリーなオープンマイクにもようやく2回目の参加。溝の口はもともと地元の遊び場だったんだけど、その変貌っぷりに軽く引く…建物がすんげー増えてます。高校の同級生だった、大川内省吾君の家がやってる蕎麦屋はどこだ!?
駅からちょっと繁華街を進んだところにある12Bunchは、こじんまりしつつも、音楽好きが集まりそうなオーラをまとってる良い感じのお店。ドラムセットもあるので、普通にライブできちゃうんだね。
030803.jpg
今回もピアノで1曲「空想のもたらすもの」、ギターで「もっと遊ぼう」をやってきました。
空想は、日によって自分のテンションがおおきく影響するので、ここ何回かはあまりベストな状態で歌えなかったのが悔やまれていた。ので、今回は丁寧に歌おうと、じっくり間を感じながらやってみました。ここは音響がすごくいいので、自分の声がスコーンと上に抜けていく感じが伝わって、とても気持ちがいい。
030805.jpg
ギターに持ち替えて「もっと遊ぼう」なんだけど、これは絶賛ギター修行中。まだカッティングとノリと歌がバチっとはまらないんだ。なのでとにかく歌う!今回はモッサリーズのフジモンがカホンで手伝ってくれるということだったので、初に合わせてみた(リハなしw)フジモンには申し訳なかったが、カホンとの組み合わせで、リズムがくっきりしていくのがよく分かる。でも、ちょっと走ったねw
030802.jpg
反省点も、良かった点もよくみえるこのオープンマイク、まだまだたくさん出演してみて、修行しないとだ。
写真 12-03-08 22 01 48.jpg
この日もご一緒した、BELLMONDO夫妻のにゅーユニット「Jean-Paul」。
ボーカルギターのQちゃんの眼鏡が、個人的にツボです!イカス!前にQちゃんがやってたバンドの曲をやってくれて、すごく懐かしかったり。こういう、普段のライブではやれないちょっとしたチャレンジができるのも、オープンマイクのいいところだね。
さー次は北海道だ!

北海道ツアーに行って参ります

12425.png
さて、いきなりなんですが、
今週末、カンバス全国ツアー北海道編!で
札幌まで行って参ります。
今回はソロで、独り身で(字が…)行って参ります。
なぜいきなり北海道なのかというと…
去年の9月に永山フェスでご一緒してもらった、不思議おっさんウクレレバンド「もるつ」と、これまた以前ご一緒させてもらった、孤高のウクレレニスト「とんちピクルス」さんがイベントを組むことになったそうで、そこにゲスト的に入れてもらえました。
いきなりの北海道ツアー、しかもひとりぽっちですが、これもせっかくの機会なので、道産子パワーメイクアップ!に負けないように歌ってまいります。
【まりものおきて】
日時:3/10(土)
12:30開場 12:45開演
16:00終演
会場:
札幌 musica hall cafe
札幌市中央区南3西6丁目10-3 長栄ビル3F
011-261-1787
http://www.musica-hall-cafe.com/index.htm
料金:投げ銭(要ドリンクオーダー)
出演:
CANVAS OF MUSIC,こぐまざ,だいきち。
ダイナマイトあさの,とんちピクルス
もるつ,らんじゃとヒミツケッシャ(五十音順)
1826171182_65.jpg
北海道中のじゃがいもを食いまくってきてやるぜ!!
まってろ男爵!メークイーン!

もっと遊ぼう〜2012SHIDA-X BIRTHDAY Version〜

もっと遊ぼう / CANVAS OF MUSIC
毎年恒例、カンバスから店長へお肉のプレゼント。
今年は新曲「もっと遊ぼう」に絡めてやってみました。
夢の「バンドのセンターで、しかもギターで歌う」が実現しちった!!(嬉)
しかも最後はハンドマイク。これでPerfumeに追いつきました。はず。
手ぶらだと超落ち着かない…なんが右手のふりまわしっぷりがすごいな自分。
次は踊れるようにがんばります。
創也

レッスン初日

IMG_3896.jpg
ドラム上原です。
今日から、ドラムのレッスン開始。場所は、近所のスタヂオ。
まずは、先生と向かい合わせで、2台のドラムセットでもってウォーミングアップ。4分音符でバスドラ、8分音符のウラでハットを踏み、16分音符でスネアを叩く。単純なんだけど、2台のドラムで一緒にずーっとやっていると気持ちよくなってくる。
そして本日のレッスンのメインは、8分音符を使ったパターンの練習。譜面に慣れていないので、読むのが大変(笑)。でも、やっていると音で覚えてくる。且つ、フレーズを口でウタいながらやるとやりやすい。そして早くも、欠点を指摘された。
左右のスティックのストロークの高さがバラバラなんで、音がバラバラになっている。ストロークの幅を右手と左手とで統一しないといけないという課題が、今日は課された。
単調なパターンの繰り返しなんで、最初は「つまんないかも」なんて思っていたんだけど、メトロノームに合わせて繰り返し練習していると、だんだん集中してくる。且つ、楽しくなってくる。そして、「もっとイイ音を出してやろう」と、気持ちがノッてくる。
やっぱり、根本的にリズムを叩き出すのが好きなんだな
改めてそう思った。
今日の課題は、
・左右のストロークの幅を揃えること。
・スティックのバウンドを利用できるようになること。
・リラックスして叩くこと。
この3点。やっぱり基本的な練習は大事。さあ練習だ!!