2011年 9月 の記事

第14回 永山フェスティバル2011

294461_284600244886343_100000091099929_1155290_1787970838_n.jpg
295730_284601071552927_100000091099929_1155312_659762635_n.jpg311946_284600754886292_100000091099929_1155304_1599897447_n.jpg
カンバス初の野外ステージ!やっぱり日中の光は全然違うね。
いつも撮影をお願いしているスズキユウジ君さんくすこ!
メンバーも楽しそうでそれも嬉しい。やっぱ身内に楽しんでもらえないとね。
ほんとに広いステージだった。あっち向いてこっち向いても人、人、人…しかも酔って上機嫌のおじいちゃんとか、走りまわるコドモとか。
その合間で、みんな自由な感じでリズムとってくれてたり、おしゃべりしてたり、音楽が空気にエエ感じに溶けている雰囲気がすごく心地良かったよ。
300031_284600208219680_100000091099929_1155289_417108763_n.jpg
僕自身2005年に、代々木公園の野外ステージで川村結花先生の「全身鏡」を聴いた瞬間、ああ、ピアノで歌ってみてぇ!と雷が落ちたような気分になったんだ。そしてその真似事ができるようになった。おこがましいけど、あのステージをみて、ちょっとでも「音楽やってみたい…」と思ってくれたならもう最高ですよ。
すべての写真はこちら!
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.284600178219683.82462.100000091099929&l=51059b4772&type=1

広告

小さな世界

咲は花の色目に 遠い日の影を追いかけ
遠回りで考える 入っていって考える
気づけばドアは閉まる 寝過ごしたのも乙だね
遠回りで考える 次のバスで飛んで帰ろう
神楽坂の横丁に 響く歌に応えましょう
遠回りで考える 入っていって考える
さざめく木立をゆく まばらな君の姿が
遠くなって考える こんな時はなんて言おう
Peace ピースな夢を君が語ると
Cheap チープな夢が僕を暴くよ
桜色の調べに 波打つボート浮かべて
大あくびで考える 入っていって考える
継ぎ接ぎの人影に 夢見る少女の歌が
くりかえし水に跳ねる 僕の袖をつかまえた
Peace ピースな夢を君が語ると
Cheap チープな夢が僕を暴くよ
(詞:関口創也)

1st Album ピースな夢、チープな夢。

peace-na-yume-cheap-na-yume.jpg
01_peace_jacket_A.jpg01_peace_jacket_B.jpg
1st Album ピースな夢、チープな夢。
2008年発表
>>全曲+ジャケット画像をまとめてダウンロード<<
楽曲紹介
1.小さな世界(歌詞)
01_小さな世界.mp3


●PLAY

カンバス以前の、コングロ時代にベースとなるフレーズは出来上がってました。でもずっと鼻歌レベルで仕上げられなかったんだけど、ピアノ主体で考えたらスッと出来上がってしまいました。最初にメンバーに聴かせるためのデモは今聴くとむちゃくちゃで死にそうな気分になります…

2. あなたに(歌詞)
02 あなたに.mp3


●PLAY

沖縄の歌い手・琉-RYU-氏から、ほぼいただいちゃった楽曲(本人承諾済み)2005年くらいに彼のアルバム「ウムイビト」のベースを手伝ったのがきっかけで、仲良くさせてもらっています。彼がこの曲を渋谷のAPIAで歌っているのを聞いて、電撃が走ったのを覚えてます。その後、ライブで全然やらなくなってしまったので「やらないならクレ!」と無理強いしてみたら「いいさー」とてーげーに承諾いただきました。ま、永遠にカバーさせていただいている、という感じでしょうか(^^;)でもせっかくなので、かなりリズムや構成はアレンジさせてもらいました。僕の好きなリズムのひとつです。琉さんマジ感謝。これが歌えてとても嬉しい。

3. こわれたテレビ(歌詞)
03 こわれたテレビ.mp3


●PLAY

これも古いですね。1996年には原型ができてたかな。適当にピアノ弾いてて急にまとまった曲です。歌詞も適当に「テレビジョーンテレビジョーン♪」と先にワードが決まってしまい、そこから内容を広げていった感じ。コードの流れが気持ちよいんだけど、弾くのが大変です。この曲は、当時加入してたテクノバンド・メテオールに曲提供して「玉乗りジョニー」としても転生してます。こっちは歌詞の内容がサーカスの玉乗り少年のちょっと哀しい歌。カズウさんの世界にしっかり変化してましたね。テレビっジョン〜♪のフレーズを繰り返しまくるので、対バンの方々がすぐ覚えてくれて嬉しい1曲です。

4. 好きな人(歌詞)
04 好きな人.mp3


●PLAY

カンバスとして結成した2007年の暮れに、新しく始まるんだから新曲書きたい、と思いピアノに向かったらほんの数分でできてしまった安産くんです。真夜中のしんとした空気をいつも感じながら物思いにふけっている姿、それを客観的に眺めてる感じです。minimal compactみたいな静かでちょっと重めの空気感がつくれたらなと思ってました。3分いかない短い曲ですが、これはこれでいいかな。

ぜひ聴いてみてください!
>>全曲+ジャケット画像をまとめてダウンロード<<

永山フェスティバル

DSC01971.jpg
ドラムの上原です。
 9/25(日)、多摩市が主催している野外音楽イベント、永山フェスティバルに出演してまいりました。本当にたくさんのお客様と、スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。
 永山はCANVAS OF MUSICのリーダーであるの創也氏の地元ということもあり、そういった意味でも今回のこのイベントへの出演は特別な思い入れというのがありました。
 今回のライヴイベントに参加するまでに、実は個人的にイロイロ変えている部分があって。スティックのモデル変更をしたこともそうだし、あと右手のハットの刻み方のフォームとか。そして、ペダルのセッティングも微妙に変更。でも、イマイチ全般的にしっくりいっていなかったんで、前日の個人練習でけっこう調整を入れました。
 野外でのライヴはいつ以来だろう?以前参加していたバンドで「木場ストック」という野外イベントに出演したことがあったけど。5年くらい前だったかなあ。
 いざ本番。でも、1曲目でいきなりトラブル発生。
ペダルが斜めっている!しかも、ビーターがあっち向いてホイしてる!!
しかも2曲目以降は、キックのスライド・ダブルが連続する曲。なんでペダルのストッパーをキツめにかけて、なんとか回避。
やっぱり、野外でのライヴは気持ちイイ。これに尽きまするんるん
 実は本番の直前、ステージの裏で見知らぬオジサンに声を掛けられたんです。
「これから出演されるんですか?(皆さんの演奏が)励みになるんです。がんばってください!!」
と、握手を求められた。そして、
「サインしてもらえますか?」
 後から聞いた話なんだけど、このオジサン地元の住民の方らしいが、この度福岡に行ってしまうんだとか。「今回のこのライヴイベントを目に焼き付けておきたい」と語っていたらしいです。長年自分が住み慣れた、「永山」という町への愛着という感情がジンワリと伝わってきました。
 この永山での僕達の演奏が、あのオジサンにとって思い出の1頁になっていれば幸いです。

永山フェスティバル2011の残像

DSC00087.jpg
創也です。
終わった…あっという間の3日間でした。
カンバス初の野外フェス参加、晴天にめぐまれて非常に気持ちいいステージでした。
この日のセットリストは

<1>小さな世界〜諏訪五丁目Ver〜
<2>あなたに
<3>こわれたテレビ

本当は、あともう1曲「好きな人」を準備してたんですが、ちょいと押しちゃってたので残念!でも良い感じのプレゼンができたかな?普通のライブハウスと違って、空間もめっちゃ広いし、聞いてくれているお客さんの層も違うので、なるたけ丁寧に演奏しようと心がけたのですよ。歌詞もはっきり聞こえないとよくないしね。
DSC01981.jpg
本番前、控え室にて。
あんな広い空間だったのに、PAさんがすごくよくてステージの上でも安心して演奏できましたよ。それにしても、どっち観てもずーっっっとお客さんだらけ…すごい景色でした。
普段は絶対にお会いできないおじいさん、おばあさんや子供連れのおかあさんなどが、リズムに乗ってたり手拍子してくれているのを見ると、なんかこう…ググっとくるものが。今まではライブハウスの穴蔵の中で、ある種、内向的にやっていたけど、これからは外に向かって音を出していきたいなと。こういう気持ちも初めてだ。
この広いグリナードステージ以外でも、いろんな個性が吹出しまくりでした…今回お誘いした「もるつ」も、サロンを独特の空気に染めていたようだし(^^;)
なんか大人も子供もみんな巻き込んだ、全員でつくる文化祭のようだったな〜
ただイベントに誘われて演奏して帰る、だけじゃ得られないよーなものが、確実にあった感じ。設営も撤去も、お皿洗いや掃除すらも楽しい。
DSC01985.jpg
お皿洗い担当:さとなをの恐ろしいほどに似合う割烹着姿!真ん中はガソリンズのかえちん
ま、僕も学生時代は文化祭実行員やってたクチなので、三つ子の魂は何万年経っても変わらないようです。
このイベント出て、いろんなミュージシャンや
面白いひとたちと繋がれたのは財産だな。
地元多摩、超おもしろい。
DSC01987.jpg
ほんとおつかれっ!
んで、次のカンバスのライブは…江東区だ!
今度は江東区でのイベント「エレキ・ザ・深川」に参加します!
開催日:2011/12/4(日)パルシティ江東にて※詳細は追って
エレキ…?ウチはかろうじてベースくらいだけど大丈夫か(^^;

【いよいよ明日!】カンバス、故郷へ帰る in 永山フェスティバル2011

P01.jpg
さて、いよいよ明日です。
カンバスで永フェスに出演いたしますですよ。
ここ二日間、スタッフとして参加してきたけど、こんなに面白いひとたちがここでこっそり暮らしてやがったな!って感じで、いろんな個性のバンドやパフォーマーの方々だらけですw
こんな人達と一緒に、西友で夕食のお買い物してたと思うと、盛り上がる〜(*´∀`*)
カンバスとして、しっかり最終日おつとめしたいと思いますですよ。
P02.jpg
こっちがスケジュール
CANVAS OF MUSICは、13:20より、グリナードステージにて!
んで、明日はもう一つ必見のステージがあります。
「もるつ」というウクレレ+おじさん4人組xペーソスと個性=見たことがないもの、という、非常にパンチのあるユニットが、カンバス終わったあと、14:30より、サロンにてライブをします。
サロンは、グリナード会場を見下ろすカフェの一角に設えられた、アコースティック系のステージなんですが、お茶しながらゆったり聴けて、おじいさんおばあさんが、うっかり舟をこいでたりしますw
しかし、もるつの音楽はそんなおじいさんおばあさんがモッシュを始めるような…いや、ぜひ聴いてみてください。超おすすめです。
明日のおすすめ過ごし方は…
お昼ころに永山到着

出店で呑むわ食うわ

やきそばとビールをもってグリナードステージ前に集合

温かい気持ちでカンバスを応援

また出店に戻って呑むわ食うわ

ちょっと涼みたい&お茶しない?でサロンに移動

もるつ登場で、飲んでたお茶を吹く

生暖かい気持ちでもるつを堪能

身もココロも大満足で、永山を後にする(ここ住みたい!引越してくる!)

というのがオススメです(^^)
なに?京王永山ってどこだよ聞いたことないよ怖いよ
そんな貴兄よ、ききなさい。新宿からわずか30分だ。
証拠はここに!
IMG_4184.PNG
と、いうわけでやきそばとスパイシードックを片手に、お待ちしております!

永山フェスティバルに参加するということ

DSC01918.jpg
さーて、我が地元、多摩永山での秋の祭典!「永山フェスティバル」も二日目を終えました。
僕は毎日、スタッフとしても参加しておりまして、今日も朝9時から会場セッティング、お掃除、イベントが始まれば会場整理などこまごまとしております。なんかねーまんま文化祭なんですよ。ノリが。んでこういうの大好きなんですよ。もうワクワクしっぱなし。アドレナリン出っぱなし。
つくづく、僕はこういうイベントものが大好きなのだなーと我が身を振り返りながら、仕事の後のビールは美味い!状態です。プリン体のことはこの3日間は考えません。腎内科クリニックの先生ごめんなさい(主治医)
今回のこのイベント、自分の地元で音楽をやれる、という事と、それに音楽仲間を呼べたということが自分の中では大きいのです。今までやってきた音楽活動の中で出会った連中と、何年経ってもこうやって一緒に遊べるのは本当に嬉しい。
今回、初日に出てくれたPOP RADIOとガソリンズの面々
kitanabe.jpg
POP RADIO きたっぱら(いつもより笑顔成分多め)
nabe.jpg
POP RADIO ナベ(いつ見ても楽しそう)
sirasira.jpg
POP RADIO しらしら(メガネが速攻で曇ってた)
nakanisi.jpg
ガソリンズ ナカニシ(めっちゃカメラ目線)
king.jpg
ガソリンズ キング(めっちゃ陶酔)
kaechin.jpg
ガソリンズ かえちん(めっちゃ足上げてた)
いやー、明るいな光源がw
普段は穴蔵のようなライブハウスでしかお互いみないので、新鮮。
DSCN6694.jpg
もうすっかり打ち上げ状態
スタッフお手伝いを通して、いきなり知り合いが増えたのも嬉しい。
なんか、ここで飯買って水飲んで関わり合って生きてるなーって。
ようやくこの街に足を突っ込ませてもらった感じです。
って、まだ僕は演奏もしてないんだがね(^^;
やっと明日だ!カンバスがんばります!
ってことで告知に続くのでっす。