映画監督ごっこ〜めざせPV制作〜

DSC00186.jpg
映像をつくる話。
SONYのDSC-HX5を普段使いのデジカメで使ってるんだけど、これの動画機能がすごく高いのだ。
フルハイビジョン(1920×1080)で60iのAVCHD形式で撮れる。しかも縦横方向に手ぶれ補正が効くので、手持ちでもヌル~っとした映像になって非常にキモちいい。でも今まではライブを撮るくらいにしか使ってなかったんだけど、ふと思いついて映像作品としてまとまったものをやってみたくなった。Youtubeなど気軽にアップできる環境があるんだから、これからは音源も映像付きで作るのも面白いかもしれない。せっかく機材はあるんだしね。
現場は近所の素敵な公園。ちょうど気持よく晴れた。さて撮ってみよう。
今までの経験則で、自分が思ってるよりもゆっくりカメラを動かさないと目が回っちゃう。なのでじっくりゆっくり撮影するように心がける。静止画でも15秒、パンする時は時計の針を追い越さないくらいのスピードで。これがなかなか堪えがきかなくて、大変。
歩きならが適当によさそうなアングルをおさえる。なんとなく流れを想像しながら…1ショット15秒として、4分くらいの素材を集めた。家に帰ってiMovieで吸出して並べてみる。ちょっと全体的に同じような目線なので、もうちょいクローズアップしたり遠景にしたり、リズムが必要だな。なんとなく筋立てて、時間に合わせたBGMを素材集から探して貼ってみると、それっぽくなった。
鶴牧東公園
次はやっぱ人を撮りたいねぇ。
あとPVにもチャレンジしてみたいけど、こればかりは試行錯誤は必要だろな…必ずしも歌とリンクする必要なないかもだけど、映像としての主張は必要だろうね。映像のイメージ…ふと思いつくのは、白樺の林で追いかけっこしたり、梢からひょいと顔だしたり、たんぽぽ吹いて飛ばしたりとイメージが貧困すぎる(^^;
しかしこんなよくできたカメラが2マンしないで買えるなんて…
良い時代になったものですのぅ。
創也

広告
コメントは停止中です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。